> 



アダルトチルドレンとは?

アダルトチルドレンチェック
アダルトチルドレン(AC)とは「大人になった今の生き辛さが、子供の頃の育った環境のせいで起こっている人」のことです。
育つ過程で家族から悪い影響を受けると、思い込みや考え方の歪みになることがあります。
思い込みや考え方の歪みが身に染みてしまい、「クセ」になった状態で大人になり精神的問題になってしまいます。
このような子供のころの悪い影響がアダルトチルドレンの原因です。
アダルトチルドレンは様々な精神的問題の原因になることや、人生を楽しめない傾向があります。
そして、これらには多くのタイプがあり、アダルトチルドレンの傾向となっています。
またそのような、子供にとって良くない環境や家族を機能不全家族と言い、アダルトチルドレンと機能不全家族は密接に関係しています。
機能不全家族で育つと心身に様々な影響を受け、考え方に歪みが生じ社会的な適応や仕事への適応、人間関係への適応が難しいという傾向を持つ大人になってしまいます。
そのような背景を持つ大人のことも総称してアダルトチルドレン(AC)と言います。
尚、家族からの影響ではなくとも子供のころに染みついた癖が大人になっても問題になっている場合でもアダルトチルドレンといえます。
このアダルトチルドレン(AC)診断ではアダルトチルドレンである度合いの他に、タイプの判別もしています。
自分のアダルトチルドレンタイプを知る事はアダルトチルドレンの克服には大切な事です。

アダルトチルドレンチェック

問1/27
周りに流されやすい
  • はい
  • いいえ
問2/27
違うと思ったことでも言えない
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問3/27
しばしば騙される
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問4/27
我が道を行く方だ
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問5/27
自分の意見は曲げたくないが対立もしたくない
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問6/27
気が合う人とだけ友好的だ
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問7/27
世話好きだ
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問8/27
人の分まで仕事をしてしまう
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問9/27
子供の悪事は全て親の責任だと思う
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問10/27
困っている人を見るとつい助けてしまう
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問11/27
人には親切にするものだ
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問12/27
相手から依存されることが多い
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問13/27
人が恥をかいている時に自分も恥ずかしくなる
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問14/27
大切な人のためなら自分はどうなってもいい
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問15/27
他人の失敗でも一生懸命手伝う
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問16/27
自分を表現する事が苦手だ
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問17/27
集団の中で発言が出来ない
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問18/27
一人でいる方が楽だ
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問19/27
失敗を笑ってごまかす
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問20/27
暗い雰囲気が嫌いだ
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問21/27
相手の顔色に敏感だ
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問22/27
非行に走ったことがある
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問23/27
悪者になっても自分の思った通りにする
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問24/27
自分が悪くない事で怒られても何も言えない
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問25/27
自己否定が強い
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問26/27
誰かに認められることが存在意義だ
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問27/27
他人のためでもがむしゃらに頑張る
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
  • 前に戻る

アダルトチルドレンチェックの必要性

アダルトチルドレンの方は自分がアダルトチルドレンであるということに気づいていないケースが多々あります。
これは自分の心理的問題が自分の身に染み込んだもので、いつそのようになったのかを認知出来ていないからです。
また、アダルトチルドレンであることを自分の中の問題と捉えていない場合もあります。
様々な問題を解決するには、まずアダルトチルドレンであることを認識し、その原因が子供のころに植え付けられたものであると気付くことが大切です。
これはその人の生き方や仕事の仕方に影響するだけでなく、社会的にも悪影響になることがあります。
生きやすい社会を作るためにも精神的な問題を抱えている人には、アダルトチルドレンチェックを実施して自分を知ることが必要ということです。

アダルトチルドレンのタイプ

プリンス

周りに流されるタイプです。
自分が間違っていると思っていても言えずに、ズルズルと引っ張られてしまいます。
相手に合わせるあまり、損な役回りになることが多くあります。
子供の頃に言いなりにされていたり、支配が強く自分の思った通りの言動が出来なかった場合に「プリンス」になってしまいます。

ロンリー

他人を寄せ付けず、自分の世界に没頭するタイプです。
人間関係を作れず、一人でいることが多くなります。
社会で生きていくためにはコミュニケーションも必要ですが、それを好みません。
子供の頃に放って置かれた場合やネグレクトがあった場合に「ロンリー」になってしまいます。

イネイブラー

親気質で世話焼きなタイプです。
頼られると断れず、何でもやってしまいます。
人の事でも自分の責任のように行動してしまう傾向があります。
子供の頃に親の役割をやっていた場合に「イネイブラー」になってしまいます。

プラケーター

弱者を慰めようとするタイプです。
慰めたり助けたりすることによって自分の存在を感じます。
親切の様に見えますが偽善とも取れる行動を取る傾向にあります。
子供の頃に落ち込んでいた親を慰めていた場合に「プラケーター」になってしまいます。

リトルナース

自分の問題ではなくても自分の事のように頑張るタイプです。
自己犠牲の精神が強く、利用されてしまう事もあります。
頑張りが報われない時は自分を責める傾向にもあります。
子供の頃、家族のために奔走していた場合に「リトルナース」になってしまいます。

ロストワン

自己主張があまりないタイプです。
自己主張をすることが失礼だという考えを持っています。
協調性や我慢を重んじて、自分に負担をかけてしまいます。
子供の頃に過保護や抑圧されていた場合に「ロストワン」になってしまいます。

ピエロ

問題があってもおちゃらけて誤魔化すタイプです。
争いごとが嫌いで、事なかれ主義でもあります。
普段からふざけているような印象をもたれてしまいがちです。
子供の頃に耐え難い争いが家庭内にあった場合に「ピエロ」になってしまいます。

スケープゴート

自分で問題を起こすことによって他人の問題を隠そうとするタイプです。
問題と向き合うことが出来ず、また解決する事もできないので、自分に注意を向けようとします。
本来は優しい性格ですが、対処方法に問題があります。
子供の頃に家族から悪者にされていた場合に「スケープゴート」になってしまいます。

ヒーロー

期待や願望に応えようと一生懸命になるタイプです。
自分の存在意義が他人にゆだねられています。
自分のやりたい事や願いを後回しにしてしまうので我慢がたえません。
子供の頃に親の期待が大きかった場合に「ヒーロー」になってしまいます。

アダルトチルドレンに向いている仕事

アダルトチルドレンの方は人に対して猜疑心が強かったり、上手くコミュニケーションが取れない傾向があります。
高いコミュニケーション能力を必要とする仕事や、信頼関係やネゴシエーションが大切な仕事はあまり向かないかもしれません。
どちらかというと一人で何かを作成する仕事や、デスクワーク等が向いているでしょう。
また、エゴイストであったり自分の意思が強すぎるような方は、経営者やプロ選手、芸能人など特殊な仕事が合っている人もいます。

アダルトチルドレンの方が仕事を選ぶときに大切なのが、できるだけ好きな仕事を選ぶという事です。
ストレスを感じやすい傾向があり、またそれをため込むことも多くなります。
できるだけ自分が楽しんで仕事をするために、自分が好きな事が生きる仕事を探すことが大切です。
ただ、仕事を選ぶと言っても、思った通りに行くことは少ないでしょう。
大切なのは、どんな仕事も楽しむ志を持つことです。
できるだけストレスをためないように、マイナスな思考にならないような気持ちになれるように、アダルトチルドレンの改善は必要になります。

アダルトチルドレンの改善方法

アダルトチルドレンを改善する方法はその人のアダルトチルドレンタイプや、性格、環境等によって変わってくるものです。
ただ、共通して言えることは自分のどのあたりがアダルトチルドレンで、その原因になったのは何なのかを知ることが大切ということです。
まずここを理解できないと対応のしようがありません。
そのためにもアダルトチルドレンチェックを行うことによって自分を知ることが大切となります。

アダルトチルドレンの対処法として、大きく分けて外面的対処と内面的対処があります。
外面的対処とは自分以外の環境を変える方法です。
アダルトチルドレンの原因になっている親や家族と一緒にいる場合は関係性の再構築や距離を取るなどの方法を取る必要があるでしょう。
できることなら物理的距離を取る(離れて暮らす)のが望ましいですが、状況によっては難しいことが多いかもしれません。
そのような場合は内面的対処が効果的です。
環境や相手を変えることは難しいですが、自分の内面を変えていくことは本人次第ですので、自分に気付き、自分を変えようとする思いがあれば人は少なからず変わっていくものです。
そもそも、アダルトチルドレンだと気が付いた時点で、内面的には変わっているはずです。
自分のダメなところが、自分から生まれたものではなく、環境や他人から影響を受けているという事実があるだけで、自分を責めるようなことは減っていることでしょう。
それだけでも大きな進歩です。
もっと踏み込んでいくと、影響を受けた認知や思考を客観的に分析して変容させていくことも重要です。
パターンは様々ありますが、アダルトチルドレンで問題になるのは偏った認知や思考が、悪い方に行っているということです。
例えば、自発的に行動が出来ないというのは、見方を変えれば慎重という傾向の表れでもあります。
慎重に行動するラインをどこにしようかと考えていけば、自発性を絞りだすより楽ではないでしょうか。
これも考え方や発想の転換で見え方は変わってくるものです。

  • まずはアダルトチルドレンの原因と特徴を知る
  • 特徴がどのようなものであり、デメリットだけでなくメリットも考える
  • 自分の偏った認知や思考を少しずつ変容させる
  • 原因の対処が必要な場合(今も機能不全家族から影響を受けているなど)は対処をする
  • 小さな目標を作り自分を理想に近づけていく
上記のようなアプローチがアダルトチルドレンの改善には有効かと思います。
大切なのは自暴自棄になったり、投げやりにならないことです。
自分を受け入れ、自分を変えていこうとすれば、アダルトチルドレンの苦しみも減っていきます。







関連診断チェック




人気の診断チェック







pagetop
アダルトチルドレンチェックに移動