> 



男性脳女性脳とは

男性脳女性脳チェック

脳内伝達物質の量や出方、脳の質量など脳科学的にも男女差があるもので、それは思考や性格に影響していると言われています。
男性脳女性脳とは、その性格差分と言っていいでしょう。
この診断では性格診断から、男性と女性のどちらの思考方法に近いかを判断します。


男性脳女性脳チェック

問1/10
熱しやすく冷めやすい
  • はい
  • どちらともいえない
  • いいえ
問2/10
相手の変化にすぐ気が付く
  • はい
  • どちらともいえない
  • いいえ
  • 前に戻る
問3/10
ファッションに疎い
  • はい
  • どちらともいえない
  • いいえ
  • 前に戻る
問4/10
話しが長いと言われる
  • はい
  • どちらともいえない
  • いいえ
  • 前に戻る
問5/10
恋人から連絡が無いと不安になる
  • はい
  • どちらともいえない
  • いいえ
  • 前に戻る
問6/10
褒めるのが下手だ
  • はい
  • どちらともいえない
  • いいえ
  • 前に戻る
問7/10
直感を信じている
  • はい
  • どちらともいえない
  • いいえ
  • 前に戻る
問8/10
方向音痴だ
  • はい
  • どちらともいえない
  • いいえ
  • 前に戻る
問9/10
異性の友達が多い
  • はい
  • どちらともいえない
  • いいえ
  • 前に戻る
問10/10
嫌な事は一晩寝ると忘れる
  • はい
  • どちらともいえない
  • いいえ
  • 前に戻る
  • 前に戻る

男性脳と女性脳の違い

男性と女性で脳の違いがあります。
大きな差がる点で言うと「コミュニケーションの取り方」「空間認識能力」「ホルモンによる情緒の変化」があります。 まず、コミュニケ―ションを取る時の差ですが、女性は幅広く脳を使い、男性は局所的な部分を使って会話をします。
女性が複数人で会話をしていると会話がどんどん変わっていったり、話が飛んだりすることがあります。
これは脳をフル活用して様々な情報を処理していることによってそのような会話でも理解して返答できるという特徴があります。
男性はそのような会話にはついていけません。必要最低限の会話で終わらせようとします。
この差は男女の会話で大きな違いが出ます。
男性は会話に落ちや目的を求めます。これはコミュニケーションというのは必要な情報のやり取りであり、結果が重要と考える傾向があります。
女性は話に共感してくれることを求めますので落ちや結果を求めない傾向にあります。
これは感情的報酬を会話の中に求める傾向があるためです。
男女の会話が上手くいかないときはこの乖離があるからと言えます。

空間認識能力は2次元的、3次元的な理解力や、地図などの認識能力に影響します。
方向音痴な方はこの空間認識能力が低いと考えられます。

ホルモンによる情緒の変化は女性に顕著です。
生理的な差があり、ホルモンが脳内伝達物質に影響するため、女性の方が情緒不安定になることがあります。
逆に男性は常に情緒を安定させようとする傾向と、危機に対してホルモンバランスを変えすぐに対応できるような作りになっています。

これらすべては人の進化過程で獲得したものだと考えられています。
男性は狩猟を行い、女性は子育てをするという生活習慣がこのような差を生んだと言えます。
男性は必要最低限の会話で最大限の情報交換をしようとします。狩猟をしているときにおしゃべりっしている場合ではないからです。 また、仮をするときに仲間の場所や地形、環境の把握などが必要なために空間認識能力が高くなったと言えます。 それと同時に狩りをするために運動能力を向上させるホルモンを分泌したり、家族を守るために危機と戦うためのホルモンを分泌する必要があったために、好戦的な傾向を獲得したと考えられます。
女性は子育てや仲間の家族と共同で家を守るというのが主な仕事でした。
集団の中で情報交換をするため、多くの情報を処理できるように脳が発達したと考えられます。
また、外に出ることが少なく、戦うこともあまりなかったために空間認識能力が必要なかったり、ホルモンのバランスも出産や子育てをするための傾向を獲得したと考えられます。
男女の脳の違いを知れば、男女間の関係なども変わってくるのではないでしょうか。







関連診断チェック

人気の診断チェック







pagetop