> 



浮気性診断の概要

浮気性診断

ここでは浮気性の診断を無料で行います。
浮気性が強い人、浮気性が無い人の特徴をとらえて回答を作成しています。
浮気性が強い人は見た目だけでなく、無意識的に表面に出る性格傾向や癖のようなものがあります。
それを質問から診断します。
実施の際は自分を客観的に見ていただけますと幸いです。


浮気性診断

問1/20
新しい物好きだ
  • はい
  • いいえ
問2/20
興味が同時に多方向に向く
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問3/20
飽きっぽい
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問4/20
寂しがり屋でいつも誰かといたい
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問5/20
面食いだ
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問6/20
異性の友人が多い
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問7/20
何にでもチェレンジする
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問8/20
オシャレな方だ
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問9/20
隠し事をする癖がある
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問10/20
自分を認めてほしいという気持ちが強い
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問11/20
飲み会などの人が集める場が苦手だ
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問12/20
人を裏切らない
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問13/20
欲があまりない
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問14/20
話が下手だ
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問15/20
信頼できる人間が少ない
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問16/20
人前に出ると緊張する
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問17/20
大雑把で細かいことに気づかない
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問18/20
なかなか行動に移せない
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問19/20
精神的に余裕がなく時間もない
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
問20/20
一つのことに集中すると他は気にならない
  • はい
  • いいえ
  • 前に戻る
  • 前に戻る

浮気性な人の特徴

浮気性な人は普段から色々な特徴がみられます。
また、表面的にはいい人と見られる箇所も浮気性の特徴が出ていることもあります。

  • 寂しがり屋
  • 新しいものが好きで好奇心が強い
  • 異性への執着がある
  • 浮気への罪悪感が弱い
  • 色々なことにルーズ
  • 自分をよく見せようとするが自尊心が低い
  • コミュニケーション(SNSなどを含む)に依存する
等の特徴があります。 これらの根底には精神的な欲求不満があります。
愛情が足りていなかったり屈折した愛情への欲求があったりすると浮気性度が高くなります。

浮気性を直す方法

浮気性を直すためには自分の根底にある愛情への捉え方や感じ方を変えていくことが大事です。
また、自分の欲求をコントロールしたり、自己中心的にならないように相手を思いやる心を持つということも大事です。 下記では特に重要な浮気性改善の方法を記していきます。

愛情への歪みをなくす

愛情への歪みを持っていると一人の相手に対して良好な関係を築けなかったり、他に目が行ってしまったりする傾向を持ってしまいます。
愛情の歪みは育った環境から影響があることがほとんどです。
愛情が足りなかったり、誤った愛情を受けた場合に考え方が歪んでしまうことがあります。
これは自分の中の愛情や人に対する感情と向き合い、変えていくことが必要です。
自分が相手に何を求めているのか、自分がどのような欲求を持っているかを分析して、それを変化させる意識を持ちましょう。

浮気以外のはけ口を見つける

浮気の根本には何かを求めるという感情があります。
それは寂しさからくるものだったり、自尊心の低さからくるものです。
これらは浮気で発散しなくても他に代替えができることもあります。
スポーツをしたり趣味に没頭したりすることで、気持ちを安定させることも可能です。
また、コミュニティーの中にいるとコミュニケーションも生まれます。
人とのつながりや愛情の形は様々です。その中で浮気をする必要がなくなるような繋がりができるかもしれません。

自分にとって何が大事かを考える

浮気が問題になるのは浮気が原因で何らかの問題が起こる場合です。
パートナーが傷つくことはもちろん問題ですが、周りに迷惑をかけることもあります。
浮気をしているときは、本人が盲目になっていることが多くあります。
自分の言動がどのような結果を招くかを想像できないケースが多いということです。
自分にとって何が大事かをまず考えて自分の感情や行動を決めることが大事です。


これらはどれも自分と向き合うことが必要です。
そのためにも診断チェックで自分を知ることが重要です。







関連診断チェック




人気の診断チェック







pagetop